真性包茎・仮性包茎・カントン包茎の違い

包茎とは陰茎の亀頭部分が包皮に覆われてまったく露出していないか、部分的にしか露出していない状態のことを指す言葉です。
乳幼児期から少年期にかけてはほとんど誰もが包茎であり、肉体の成長に伴って自然に解消されるものですが、人によっては青年期以降もこの状態が続く場合があり、生活上の弊害をもたらすこともあります。

包茎は具体的な状況によって真性包茎・仮性包茎・カントン包茎の3種類に分けることができます。
この3つはそれぞれ特徴や深刻さの度合いに違いがあります。

まず真性包茎とは、平常時はもちろん陰茎が完全に勃起したときでも亀頭がまったく露出しない状態のことをいいます。
手で剥こうとすると痛みを生じたり裂傷を負ったりすることがあります。
真性包茎の程度には幅があり、無理に剥いたりしない限り生活に支障がなく性行為も正常に行えるものから、排尿障害を引き起こしたり性行為を行おうとすると強い痛みにおそわれたりするものまであります。
後者の場合は治療の必要があります。

次の仮性包茎は、普段は亀頭が完全に包皮におおわれているが、手を使えば難なく剥くことができたり、勃起すれば自然に露出する程度のものをいいます。
日常生活に支障をきたすことはほとんどなく、基本的に治療の必要もありません。
ただ非包茎の場合に比べると包皮と亀頭の間に垢がたまりやすく、不快な匂いを発したり炎症を引き起こしたりすることもあるので、その点が気になる場合は治療が望ましいとされています。

最後のカントン包茎は、亀頭の大きさに比べて包皮の開口部が狭いために包茎状態となっているものをいいます。
この場合、手で剥こうとすれば剥けないことはありませんが、剥いたあとは包皮が亀頭に引っかかって元に戻らなくなり、痛みや鬱血を引き起こすおそれがあります。
真性包茎と同じく治療が必要です。

参考サイト
スーパーPフォース
タダポックスで性的刺激を