平均射精時間からわかる早漏対策としての手術

ある調査では、男性の挿入時からの平均射精時間は14分ほどと言われています。また女性の挿入してから満足する挿入平均時間は15分と言われ、1分ほどの差があります。あと1分男性は頑張らないといけないことを統計は意味しているでしょう。あくまでも平均であり、残念なことにそんなに持たないという男性もいます。平均射精時間に満たず3分ほどで射精してしまう男性もいます。しかしそんなに落ち込む必要はありません。早漏対策がありますので、悩んでいる男性は改善策に取り組むと良いでしょう。

平均射精時間までを目指す早漏改善策として多いのは、射精のタイミングを遅らせるといった医薬品です。内服薬として性的興奮をコントロールする医薬品であったり、ペニスそのものに刺激を与えにくくする麻痺させる成分を用いる方法が手っ取り早い方法になります。そのほかの早漏改善策としては手術という方法もあります。亀頭強化術や包皮小帯切除術や包茎手術などが有名です。

亀頭を強化する方法は、コラーゲンを注入し亀頭を強化し、刺激から強くなる方法になります。包皮小帯切除術は、裏筋と呼ばれる亀頭の次に刺激が強い場所を切除する方法です。また包茎手術は、普段から亀頭を露出しておくことで、刺激から強くするために行う早漏対策になります。完璧にこれらの方法が、早漏対策になるのかというとそれは個人差があります。あくまでも刺激から逃げるために施術するという対策で行う早漏対策と言えるでしょう。

手術を受けた後は、制約がありますので、医師の指示に従う必要があります。また包皮小帯切除術などはすぐに性行為ができません。1ヶ月ほど待たないといけないという禁欲生活が待っていますので、よく検討して行うと良いでしょう。