自分で包茎を治す手段

包茎は多くの男性にとって悩ましいテーマの一つです。
例えそれ自体に害がない場合であったとしても、包茎によって様々なデメリットを抱えることによって、多くの人が心身を害してしまうことがあります。
そんな包茎ですが、治療方法としてメジャーなのが手術です。
多くの方が、雑誌の巻末などに掲載された広告をご覧になったことがあるでしょう。
それだけ包茎治療は多くの人にとって関心事であり、ビジネスニーズも高いのです。
包茎手術によって多くの方が包茎を卒業しているのは事実です。
その半面、手術の出来が不十分で見た目がグロテスクになってしまったり、思わぬ後遺症を持ってしまったりということも稀にあることから、こうしたリスクを受け入れられる人のみが手術できるという現実もあります。
また、手術料も場合によっては保険の適応外になることや、何度か通わなくてはならなくなることもあり、金銭的負担が馬鹿にならないという懸念もあります。
そんななか、自分で包茎を治す手段が多くの当事者、企業によって開発されてきました。
例えば、リング型の矯正具や、薬を服用して亀頭や陰茎を増大させるなどといった方法が挙げられます。
これらはメリット、デメリットありますが、試しやすいという点で、多くの当事者から親しまれています。

包茎手術はデメリットもある

メリットばかり目立っている包茎手術はデメリットもあることも理解しなくてはいけません。
では、包茎手術のデメリットを4つ挙げていきます。
1つめに、手術後にツートーンカラーになってしまうことです。
皮の内側部分を切り取る手術法もありますが、もし切り取らない場合には、陰茎の根元を切除することになり、そうなると内側部分の皮と外側部分の皮の色の違いがはっきりとしてしまい、一般的にツートーンカラーと呼ばれるようになります。
時間の経過によっては、色の差が薄くなることはあります。
2つめは、皮膚が張ったような感じがするようになります。
手術の際には勃起時の余っている皮の切除をしますが、普段の勃起していない状態だと皮が余ってしまいます。
普段の長さに合わせて皮を切除してしまった場合には勃起時に皮が引っ張られて違和感を感じるようになります。
3つめに、以前よりも感度が落ちる可能性があります。
包皮の内部には神経が集中していると言われているので、切除すると感度が少し鈍くなることがあります。
4つめは、手術後1カ月は性交渉が出来なくなります。
その際に性交渉だけではなく、自慰などの行為もできなくなります。
これら4つが包茎手術をするにおけるデメリットと言えることです。
メリットばかりではなくこれらデメリットにも目を向けることによって満足した包茎手術が可能になります。